社会保障システム

社会保障システム 田中きよむ 著

(029)

本の詳細

著者メッセージ

社会保障とは、すべての人々が各自の幸せを達成していくうえで、個々人や個々の家庭の努力だけでは解決困難な生活課題に直面した時に、それらの課題の解決・緩和を社会の責任で果たしながら、健康で文化的な生活を誰もが最低限度において送れることを保障するシステムです。その意味では、人間が生まれてから亡くなるまでの間に、誰もが社会保障を必要とする生活局面があります。
本書では、それらのうち、社会保障の中でも、年金、医療、介護、障害者福祉、児童福祉の各部門を取り上げ、基本から具体的内容まで、そのシステムがわかりやすく理解できるように書いています。また、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、看護師、保健師等の国家試験を受験されるみなさんにとっては、それらに共通する基本的知識が網羅的に得られるよう配慮していますから、本書を活用して受験勉強されることをぜひお薦めします。

 

 

発売日:2023年3月31日

 

著者:田中 きよむ

サイズ:A4

ページ:168ページ

ISBN:978-4-910911 -02-1

著者略歴

田中きよむ(たなか・きよむ)

滋賀県大津市生まれ。滋賀県立膳所高校卒業、滋賀大学経済学部卒業、滋賀大学大学院経済学研究科修士課程修了(経済学修士)、京都大学大学院経済学研究科後期課程単位取得退学。
高知大学人文学部教授、高知女子大学社会福祉学部教授を経て、現在、高知県立大学社会福祉学部教授。

専門は社会保障論、地域福祉論、公的扶助論、福祉NPO論など。

 

 

目次

序章 社会保障の概念と 経済・財政との関係 
(1) 社会保障の意味、機能と範囲
(2) 社会保障と経済・財政の関係

第1章 年金保険制度 
(1) 制度全体の構造と特徴
(2) 老齢年金制度
(3) 障害年金制度
(4) 遺族年金制度
(5) 年金権の夫婦分割制
(6) 年金財政と制度改革

第2章 医療保険制度 
(1) 医療保険制度の本質
(2) 公費負担制度と医療保険制度の類型
(3) 保険給付の種類
(4) 保険給付の財源
(5) 負担・給付比率
(6) 国民医療費の動向
(7) 高齢者医療
(8) 病床規制

第3章 介護保険制度
(1) 高齢化の状況と課題
(2) 介護保険制度の導入理念
(3) 対象
(4) 利用手続き
(5) 給付の内容
(6) 財源

第4章 障害者福祉制度 
(1) 障害の概念と福祉理念
(2) 障害者総合支援制度

第5章 児童福祉制度 
(1) 少子化の状況
(2) 保育所制度をめぐる現状と課題
(3) 児童虐待をめぐる現状と課題
(4) 児童諸手当の現状と課題
(5) 育児休業制度の現状と課題

参考文献

 

 

 

 

 

在庫状態 : 在庫有り
¥2,980(税別)

( 税込¥3,278 )

数量